教育資金作り

教育資金作りについて

教育資金を作っていこうにも、子育てにかかるお金もありますし、マイホームの購入を検討なさっている方もいらっしゃるでしょう。

コツコツと預金しても、預金金利ははっきりいって雀の涙程度でしかありません。 800〜2000万円なんて金額を貯めていくのは、途方もない気持ちになってしまいそうです。

教育資金作りをするために、投資を活用してお金作りをしている方が多いようです。 教育資金が一番かかるのはお子さんが18歳前後、つまり大学入学前後なので、そこを目標に投資で教育資金を作りましょう。 もちろん、投資は成功させなければ元金も飛んでしまいますので、あまり投機的な真似はできません。

長期的な投資でコツコツと教育資金を作っていくことを心がけましょう。

また、投資をするのでしたら分散投資をしましょう。 不動産投資に集中した場合、地震などの災害が起きた時に全てを失ってしまいます。

リスクを回避するためにも、なるべくリスクを分散させて投資をしていきましょう。 また、学資保険などの利用も選択肢に入ります。 学資保険を利用していれば、新しい学校への入学の際に満期学資金が支給されます。

また、専門家に教育費についての相談ができますので、ぜひご利用ください。

ただ、教育資金作りをしたい方を狙って詐欺めいた投資話や学資保険の話などもあるようです。 右も左もわからないうちに、大切なお金を失うことにもなりかねません。

いずれにしても教育資金作りには長い時間がかかりますので、あまり焦らず確実にお金を作っていきましょう。

↑ PAGE TOP