教育資金方法の見つけ方

あなたに合った方法の見つけ方は?

自分たちにあった方法を見つけるためにも、まずは情報を整理しましょう。 まずは以下の3つの行程を行ってみましょう。

1.子供の進路プランをたてる 進路を最終的に決めるのは子供ですが、ある程度のプランをたてておくことはできます。 どういった進路にいけばどれくらいの学資金がかかるのかを把握しておきましょう。

2.自分たちの収入がどうなるかを考える やはり、学資金のベースとなるのはご両親の収入なのです。 昇給するとどれくらいになっていくのか、より高収入な仕事に転職するかなどを計画してみましょう。

3.総合的な見積もりをとる 教育費だけでなく、マイホームの代金や生活費などを含めて見積もりをとってみましょう。 具体的な見積もりが自分たちで取れなかったら、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみましょう。

以上のような行程を踏み、情報を整理しましょう。

そのうえで、自分たちにあった方法を模索していきましょう。 その前に一つ付け加えておきますが、基本的には教育費は預金で積み立てていくものです。

また、皆様のご両親、つまりお子さんの祖父母の援助なども考慮に入れていきましょう(もちろん援助が見込める場合に限りますが)。 それでも不足する場合、投資や学資保険などを利用して不足分を補っていきましょう。

基本的にはコツコツと積み立てていき、不足分を自分に合った方法で補っていくという方法がオススメです。 投機的な投資を行い、学資金を全て失ったなんてことになれば目も当てられませんので、学資金作りは慎重に行いましょう!

↑ PAGE TOP