学資保険

学資保険では足りていないのが現実

学資保険は積み立てていくことで、満期がきますと満期学資金が支給されます。 学資保険のタイプはいくつかありますが、多くの方が利用するのが18歳時に満期を迎えるタイプです。

やはり、最も学資金がかかるのが大学入学時です。 順調にいけば、18歳で大学入学することになりますので、18歳時に満期学資金が支給されるタイプが人気なのです。

しかしながら、その満期学資金では実際に必要になるお金にはとても足りないのです。 大体、18歳で満期を迎えるタイプですと、満期学資金は200万円程度支給されます。

大学は受験料、入学料、教材費、授業料などがかかる関係で1年時の支出が一番多いのです。 そのため、200万円は大学1年時の支出で全て無くなってしまうこともあります 。 これは特に私立大学で顕著です。私立大学は入学手続き料などもかなり高額ですので、教育費がとにかくかかるのです。

ハテナ

そのため、せっかく学資保険に加入していても、実は全く不足しているのです。 4年生大学ですと、あと3年分の学費が必要になりますのでその間の教育費をどうするかが問題です。

大学には奨学金制度もありますが、日本の奨学金制度はあまり発達しているとはいえない状況にあります。 金利がかかるような奨学金もありますので、ローン利用をしているのと何も変わらないのです。 新社会人となったお子さんがいきなり借金を抱えて社会人生活をスタートすることになってしまいます。

学資保険だけですと不足するのは目に見えていますので、事前に対策が必要です。 こつこつとした貯蓄や長期的な投資で不足分をカバーしていきましょう。

↑ PAGE TOP